建設キャリアアップシステム



2019年1月から「建設キャリアアップシステム」の試験運用が始まり、
2019年4月から本格的に全国で運用が開始されました。
建設現場で働く職人や現場監督の資格、経験、現場歴などをデータベース化し、
ICカードで仕事履歴を蓄積するための仕組みです。

「建設キャリアアップシステム」の具体的な仕組み
※引用:一般社団法人 建設業振興基金|システムの概要編

利用するにあたって

❒ 技能者の初期登録料:インターネットでの登録は2,500円です。
※郵送での登録は3,500円となります
※技能者の初期登録料には、ICカード発行も含まれます。

❒ 事業者の初期登録料は資本金によって異なります。
※資本金500万円未満の場合は登録料が3,000円(参考例)となります。
※資本金によって段階的に初期費用が変わりますので事前に確認されてください。

❒ カードリーダー:市販品を利用できます。(数千円程度です)

❒ 管理者ID利用料:1 IDあたり400円/年 となります。

❒ 現場利用料:就業履歴回数1回あたり3円(現場に入場する人日で課金されます)

建設キャリアアップシステムに関してご不明な点や、システムの操作や、
カードリーダーの設定などでお困りの際は、弊社の担当者にご相談ください。

建設キャリアアップシステム https://www.ccus.jp/

 

サービスに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム